宝石箱の飾りつけを行なう参加者

「愛の宝石箱」をプレゼント

ママへ「ありがとう」の気持ちを込めてあっとほーむが初の企画

社会

芳賀町下高根沢の芳賀町生涯学習センター2階にある「子育て支援センターあっとほーむ」は3月3日、うきうき子育て講座「愛の宝石箱や~」を行った。
 新型コロナ感染対策として事前予約した4組の親子が参加した。
同講座は、ママへ日頃の感謝の気持ちを伝える初の企画で、母子で用意された木箱の周囲と内側に造花やデコレーションパーツなどで飾り付けし、愛らしい宝石箱を作った。母親は「自宅では子どもと向き合う時間がないので新鮮な気持ちです」と話した。
 蓋は、写真が飾れるようになっていて、サプライズとして事前にパパからスタッフが預かった感謝のメッセージが貼られた。ハート形のカードに「これからも一緒に頑張っていこう」など心のこもった言葉が記されていた。
 講座では、手鏡の飾りつけも行い、宝石箱と一緒に参加した母親にプレゼントされた。宝石箱を受け取った母親は、感激した様子で、夫婦、親子の絆を深めたようだった。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧