石川校長(左)と若井会長

「税の作文」応募 山前中に感謝状

全納連会長から

社会

 真岡市立山前中学校(石川昌由校長)はこのほど、「税についての作文」への応募協力が顕著であったとして、全国納税貯蓄組合連合会(全納連)の藤波一博会長から感謝状を贈られた。
 同校の応募数は本年度、全校生徒の77%にあたる128編を数えた。その中でも石塚寛弥さん(3年)が関東信越国税局長賞を受賞するなど、特に優秀な作品が目立った。
 12月19日、真岡税務署管内納税貯蓄組合連合会の若井孝之会長らが同校を訪れ、石川校長に感謝状を伝達。若井会長は「応募率は管内で最も高かった。これは先生の熱心な指導のたまもの。租税教育は中学校で行うととても効果があるので、将来は善良な納税者になってほしい」と賛辞を贈った。
 石川校長は「本校には、物事に対して地道に取り組む生徒が多い。今後も租税教育を継続し、納税意識の高揚に努めたい」と決意を新たにした。

今号の記事

カテゴリー一覧

暮らしの情報
イベント

記事一覧

習い事

記事一覧

美容・健康

記事一覧

趣味

温泉

記事一覧

ショッピング

食べる・買う・見る・着る

記事一覧