キッチンカーで応援

栃木県代表

直井選手

中丸選手

いちご一会とちぎ国体

少年男子サッカー 栃木県代表は5位

スポーツ

第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」の少年男子サッカー競技が10月2~4、6日に真岡市総合運動公園陸上競技場で行われた。
 宇都宮市出身の只木章広監督率いる栃木県代表は、1回戦、岡山県代表と対戦し1対0で勝利。2回戦は千葉県代表と対戦し、後半まで両者ゴールをわらずPK戦へ。GK熊谷匡祐選手が千葉の攻撃を阻止し、4対2で準々決勝に進出した。   準々決勝は大阪府代表と対戦。前半、大阪に先制されるも、栃木の揚石琉生選手が同点ゴールを決める。後半、大阪に追加点を許し、栃木は5位で大会を終えた。試合には、真岡市出身の直井芳樹選手、中丸功大選手も出場した。
 また、同会場では、真岡市西田井の葵一家のほか、市内の企業が出店し、無料でドリンクなどが配られた。さらに、3、4、6日は市内小中学校の児童、生徒らが応援に駆け付け、スティックバルーンで会場を盛り上げた。

今号の記事

カテゴリー一覧