報徳田に立てられたかかし

かかしコンテストを開催中

1位投票者に新米3㎏

催し物

真岡市物井の桜町陣屋跡報徳田(尊徳さんの田んぼ)に26体のかかしが立てられ、かかしコンテストが行われている。
 かかしは、史跡桜町陣屋跡の保存と活用を考える会が主催する「尊徳さんの田んぼで米づくり体験」参加者が作ったもの。この事業は二宮尊徳がいた国指定史跡の桜町陣屋跡内の「報徳田」で江戸時代に近い形で無農薬の米づくり体験を行っているもので、5月29日に約120人が参加して田植えし、7月3日にかかし作りを行った。
 投票用紙は、陣屋建物縁側に備え付けてあり、一番素敵と思うかかしの番号を記入して投票する。投票期間は9月25日(日)まで。11月13日(日)の収穫祭時に1位のかかしに投票した人の中から抽選で3人に、尊徳の娘の名前にちなんでネーミングした新米「ふみの夢」3㎏をプレゼントする。(問)市文化課☎0285・83・7735

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧