もてぎの街並み絵巻展『仮面ライダー』も登場!

ふみの森で「街並み絵巻展」

鶴丸さんのイラスト 横町通り全長50mの大作

催し物

 ふみの森もてぎギャラリーふくろうで5月8日(日)まで、同町天子のイラストレーター鶴丸光世さんによるイラスト展第2弾「茂木町並み絵巻展 横町通り編」が開催されている。10~17時。
 鶴丸さんは昨年、昭和の面影を残す茂木駅前縦町通りの賑わいを描いた作品展を開催、1200人余の来場を記録し、来場者から「昔を思い出し脳が活性した」「隣人や同級生を思い出し連絡しようと思う」などの声が寄せられた。
 今回は、ふみの森周辺から水戸方面に向かう砂田までの横町通りを98枚のイラストで全長50mにも及ぶ、前回の倍の作品を展示。
 作品には、街並みだけでなく、イラストの中の町で暮らす人々が生き生きと描かれ、現在活躍中の「茂木駅でふるさとの民話を楽しむ会」「もてぎde演劇を創る会」「茂木愛泉太鼓」などのほか、フラダンス、ジャズのグループ、太極拳の集い、ラジオ体操の会、茂木ハーモニカクラブなどの活動ほか、フルート奏者栗田智水さんの少女時代の練習風景、愛猫を抱いた古口茂木町長なども登場し、来場者を楽しませている。
(問)ふみの森もてぎ☎0285・64・1023。

今号の記事

カテゴリー一覧