10/30~11/14 もてぎ里山アートフェスタ

茂木の城山公園を会場で2年ぶりに

催し物

 茂木町の城山公園を会場に10月30日~11月14日、「もてぎ里山アートフェスタ2021」が開催される。同実行委員会(渡邉克典実行委員長)主催。10~16時(最終日は15時30分閉場)。
 同フェスタは、茂木町・益子町の芸術家、工芸家を中心に「工芸やファインアートを身近に感じてもらおう」を合言葉に継続的に開催することを目指して2008年にスタート。野外展示、ワークショップ、製作体験を通して作家とお客が触れ合い、さまざまなジャンルの作家同士が交流を深めている。
 公園内を散策しながら鑑賞できる展示形態が好評。昨年は、コロナの影響で作家の自宅で展示し、WEB開催だった。今年は、ワークショップなどは行わずに、感染対策を講じて16人の作家による作品展示のみを行う。また開催期間も通常より長く設けた。
P=イメージ(2019年開催)

癒しと温もりの語りを放映
民話美寿々会「もおか」
 民話美寿々会「もおか」支部(佐藤宣子支部長)による無観客口演「コロナ禍自粛中の皆さんへ 癒しと温もりを」の語りが、真岡市のいちごチャンネル「コットンタイム」で11月1日(月)~7日(日)、13時~、20時~放映。FMもおか(87・4)「もおかラジオ民話」は10月30日(土)午前8時~、次回公演まで隔週土曜日放送。
 今回のテーマは「心揺さぶるお話」。演目と語りべ①赤ひげ先生の薬(橋本公子)②こうがい坂(柴山正子)③酒飲み爺さま(石田みとり)④浜千鳥の恩返し(青柳ナミ子)〈皆で元気に唄いましょう・富士の山〉⑤宇都宮吊り天上(高松由紀子)⑥おはぐろトンボ(阿嶋ミチ子)⑦カマ池の由来(佐藤宣子)〈日光山唄・佐藤宣子〉

今号の記事

カテゴリー一覧