アマビエで疫病退散

道の駅もてぎ

社会

「バウム工房ゆずの木」の店内に、疫病退散「風のなかのアマビエ」が設置され来店者がコロナ退散などを祈願している。奈良県・安藤榮作さん作で高さ約70㎝。クスノキを掘り上げたもので芳香漂う。アマビエは、疫病の流行を予言した日本に伝わる妖怪として知られる。

今号の記事

カテゴリー一覧