認定証

キャンドル作り

キャンドルの灯り

キャンドルの灯りで地球環境考える

ハヤセが10回目

社会

 真岡市鹿の総合建設業㈲ハヤセ(西川和芳社長)は8月1日、同社で「スーパーウォールキャンドルナイト2021」に協賛してキャンドル作りを行った。
 同イベントはゼロエネルギー住宅など環境負荷の少ない家づくりでエコな暮らしを提案することを目的に行われ、全国で約530社が実施。同社は10年前からキャンドル作りを行い、この日は親子など10組約30人が参加した。
 講師は、1985年レベルの省エネ社会を家庭から構築する活動を行っている(一社)Forward to 1985 energy life理事の吉田登志幸さん(佐野市)が務めた。キャンドル作りは昼間に行い、20時から約2時間、電気を消してキャンドルにあかりを灯し、参加者は灯りを眺めながら家族のだんらんを楽しみ、地球環境問題について意識を高めた。
 同社は、これらの実績から今年度、(一社)Forward to 1985 energy lifeから「1985地域アドバイザー拠点認定証」を受賞した。なお、大工さん募集中。(問)同社☎0285・75・0302

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧