ステッカーで見守り意識を

茂木地区防犯協・茂木署が一千枚作成

社会

 茂木地区防犯協会と茂木警察署は、犯罪抑止と子どもの安全確保を目的に、防犯ステッカー(=写真=)を作成し管内の防犯団体などに配布した。
 管内住民の地域の見守り意識を高めるため、防犯ステッカーを車両や玄関先等に貼付して活用するもので1000枚を作成した。
 ステッカーは縦4㎝、横12㎝。蛍光色の緑色で、「地域の安心 みんなの目」の文字に夜光反射する目が描かれている。
 管内の茂木・市貝両町の防犯協会員や防犯連絡所、金融防犯連絡協会、各駐在所、学校など、防犯団体や関係機関約300ケ所に配られ、車や玄関先に貼って使用される。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧