自身が作成したボールに色を塗る黒﨑選手

参加者で記念撮影

ツナガルプロジェクト サッカーを通じてできるSDGs

栃木SCの選手らと交流

スポーツ

 栃木SCは昨年12月24日、宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで組み立て式サッカーボールの制作体験イベントを行った。トップチームから黒﨑隼人、青嶋佑弥両選手が参加。同市内の子どもの居場所を利用している小学生以下の子どもたちとその保護者30組とともに作業を楽しんだ。
 同クラブが取り組む「ツナガルプロジェクト」の一環で、「サッカーを通じてできるSDGs」として、ボールの組み立てや親子や友人とのコミュニケーションを深める時間を創出することなどが目的。教材はスポーツ用品などを開発、販売する「モルテン」の製品「MY FOOTBALL KIT」で、参加者たちは再生ポリプロピレンとオレフィン系エラストマーの合成樹脂でできた構成パーツをつなげて型作り、色付けして思い思いの作品に仕上げた。作業後には、プロの試合が行われるピッチで両選手とボールを追い掛け、触れ合いの時間を過ごした。
 約2時間のイベント終了後、黒﨑選手は「今みんなが持っているボールは世界にたった一つの自分だけのオリジナル。たくさん蹴って壊れるまで使って遊んでほしい」とメッセージ。兄弟で参加した亀野壱成君(6)は「星のデザインにした。(作業は)難しいけど楽しかった」と話していた。

今号の記事

カテゴリー一覧

暮らしの情報
イベント

記事一覧

習い事

記事一覧

美容・健康

記事一覧

趣味

温泉

記事一覧

ショッピング

食べる・買う・見る・着る

記事一覧