道の駅ましこ ドライブスルーでイチゴ販売

新型コロナの影響を受ける農家を支援

社会

 道の駅ましこは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける町内のイチゴ農家を支援しようと、同道の駅の駐車場でイチゴノドライブスルー販売を1月17日から開始した(=写真)。
 販売は、当面、出荷や感染状況を踏まえて土日祝日に実施。午前10時から売り切れ次第終了。11軒の農家のツル付きとちおとめ2パック入り1000円、4パック入り2000円で、通常より2割安く、1箱購入ごとに同道の駅で使える100円分の買い物券が贈られる。神田智規支配人は「県外の家族や親戚への贈り物にも利用してほしい」と話した。

今号の記事

カテゴリー一覧