野沢社長(左)と星野町長

パーテーションを寄贈

㈱野沢木工所が上三川町に

社会

 ㈱野沢木工所(上三川町多功)の野沢周平社長が9月24日、上三川町役場を訪れ窓口用飛沫防止パーテーション28台を寄贈した。
 パーテーションは高さ75㎝、幅90㎝でサイズは町の要望に応じた。星野光利町長は「新型コロナウイルスのまん延防止のために活用させていただく」と、野沢社長に感謝状を手渡した。
 野沢社長は「生まれ故郷の町に貢献することができてうれしい。約2週間かけて製作した」と述べていた。28台すべてが、庁舎1階の市民課、税務課などの窓口に取り付けられた。

今号の記事

カテゴリー一覧