真岡市 プレミアム率初の30%商品券

新型コロナウイルス禍の地域経済支援対策で

社会

 真岡市は7月中に真岡商工会議所、にのみや商工会が発売開始する商品券のプレミアム率をはじめて30%へ引き上げる発行助成事業を行うと5月11日、臨時記者会見で発表した。
 同商品券の発行総額は同事業で過去最大の3億2500万円で、12月末まで利用できる。例年、真岡商工会議所は「わたのみ商品券」、にのみや商工会は「にのみやプレミアム商品券」をプレミアム率10%で販売している。新型コロナウイルスの影響により落ち込む市内の消費を喚起し、地元商工業者の支援のため国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を財源にプレミアム率を20%上乗せすることにした。
 どちらも一冊1万3000円分を1万円で購入でき、わたのみ商品券は1000円券13枚綴りで、内訳は全ての加盟店で使える共通券7枚、市内に本社等がある加盟店で使える地元応援券5枚、飲食店専用券の1枚。にのみやプレミアム商品券は500円券26枚綴りで共通券13枚、中小店13枚。
 両商品券は18歳以上の市民または市内通勤・通学者のみ購入可能で、限度額は1人5万円、1世帯10万円。発行総額に達し次第、販売を終了する。購入手続きの詳細は6月に全戸にチラシが配布されるほか、市ホームページなどで周知される。
(問)真岡商工会議所☎0285・82・3305/にのみや商工会☎0285・74・0324

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧