田上教育長(左)と国府田組合長

ランチョンマットや教材本寄贈

JAグループが農業に親しんでと

社会

 JAグループ栃木は毎年、県内の新小学1年生にランチョンマット、新3年、5年生に農業などに関する教材本を贈呈しており、今年も寄贈した。
 JAはが野の国府田厚志代表理事組合長は3月12日、真岡市教育委員会を訪れ、田上富男教育長に、市内の新1年生716人分のランチョンマット、新小学3年生の各クラスへ食料や農業について学べる冊子とDVD教材、新5年生全員に冊子を贈った。
 ランチョンマットは、これまでよりも大判で、色もオレンジ色になり、さまざまな県産の野菜が描かれている。国府田組合長は「JAや国産の農産物に関心を持ってもらえたら。また冊子を読み、将来農業に携わりたいと思ってもらえたら」と話した。田上教育長は、「学校生活の中でも特に楽しみな給食の時間にランチョンマットを通じて農業について意識を高め、また冊子で農業の大切さを学べるよう有効に活用したい」とお礼を述べた。
国府田組合長はその後、管内の自治体を訪問し、ランチョンマットと冊子を贈った。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧