モミの木を植樹する小堀所長(左)と見目町長

ロマンの湯に「モミの木」植樹

『みどり』のおもてなし事業

社会

県東環境森林事務所(真岡市荒町、小堀芳広所長)は12月4日、「地域で『みどり』のおもてなし事業」の一環として、道の駅はが芳賀温泉ロマンの湯(芳賀町上延生)でモミの植樹などを行った。
 芳賀町、芳賀町ロマン開発㈱との共催で行われた。同町では昨年からロマンの湯西側の五行川に架かるロマン吊り橋と川沿いの樹木にイルミネーションを飾り付けていることから、同じく西側にシンボルツリーとしてモミの木(高さ約4m)を植樹した。
 植樹は小堀所長、見目芳賀町長、田川町商工会会長、キヤノン(株)宇都宮事業所が行い、関係者約15人が参加した。同日夕方から早速モミの木にイルミネーションが灯った。
 また、地域の緑づくりを進めるため、クリスマスにちなみ、来場者にポインセチアの苗木100本を配布した。

今号の記事

カテゴリー一覧