全国出場する仙波さん(右)と五味渕さん

芳賀地区消防本部 ロープ応用登はんが全国出場

消防救助技術大会

社会

 第47回栃木県消防救助技術大会は6月22日、栃木県消防学校で、県内12消防本部が出場し6種目で行われた。
 同大会は、消防救助活動に不可欠な体力、精神力、技術力を養うと共に他の模範となる隊員を育成し、市民の期待に応えることを目的に行われている。
 芳賀地区消防本部は、「ロープ応用登はん」(18チーム出場)で14年ぶりに悲願の優勝を果たした。同チームの仙波翔之さん(30)、五味渕一騎さん(24)は8月26日(金)東京都で行われる第50回全国消防救助技術大会に出場する。
 また、「引揚救助」は3位入賞、「ロープブリッジ渡過」は3、4位入賞、「ほふく救出」は8位入賞と4種目で入賞する好成績を収めた。各部門の入賞者は次の通り。
▽引揚救助=馬込泰裕(29)、小林秀一(27)、松本隼樹(30)、佐島理充(31)、濵野流星(28)▽ロープブリッジ渡過=3位・臼井翔一(23)、4位・樋下田尚也(29)、▽ほふく救出=疋田拓哉(26)、関口祐(33)、岩波宏弥(27)。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧