自慢の作品と一閑張りのグループ

一閑張りづくり楽しむ

サシバ未来館

文化

 市貝町赤羽のサシバ未来館は、平日の9~19時(土曜は8~18時)に開館し、学童保育と地域住民の交流の場として活用されている。
 コロナ禍で活動が縮小された時期があったが、3密を避け感染対策を取って活動を再開した。
 交流スペースでは昨年9月から一閑張りの活動が行われている。一閑張りは、竹のかごやざるに和紙を数回貼ってその上に好みの和紙や布を貼り付け、防水加工の為に柿渋を塗って完成させる。町内の関口眞富美さんと愛好者6人が、手提げバッグやティッシュボックス、リース等、思いおもいの作品を作り、楽しんでいる。

今号の記事

カテゴリー一覧