中澤さん(小学1年女子組手)全国優勝

第12 回全日本空手道選手権

スポーツ

 真岡市台町の中澤倫子さん(真岡小1)は10月4日、横浜武道館で行われた第12 回全日本空手道選手権大会の組手小学1年女子の部で優勝した。同大会には、小・中学生、高校男子の各部門に計446人が出場した。
 中澤さんは、父親が剣道、母親が柔道の経験があることから空手に興味を持ち、極真会館栃木真岡道場(同市荒町)に幼稚園年中から入塾して稽古を積み、昨年12月15日、真岡市武道体育館で行われた北関東選抜大会で全国大会への切符を手にした。試合は1分30秒で行われ、決勝は3―0の判定勝ち。「いっぱい練習したので、優勝できてうれしい」と喜びを語った。
 今大会の結果で、2021年11月23日に開催されるワールドカップの出場権を獲得した。
 中澤さんは10月14日、真岡市役所を訪れて石坂真一市長に優勝報告を行った。石坂市長は「これからまた頑張っていろいろな大会で入賞してほしい」と激励した。

今号の記事

カテゴリー一覧