海老沼社長

五色沼バスツアーの参加者募集

宇都宮トラベルが11/7開催

催し物

宇都宮市出身、壬生町在住の海老沼和也社長(54)は10月に旅行会社『宇都宮トラベル株式会社』通称『ミヤトラ』を設立した。
 海老沼社長は大学生の頃から30年間、旅行が好きで会社員時代も国内外へ旅をしてきた。昨年、父が病に倒れたのをきっかけに、旅行好きな母の外出機会が減り、移動範囲が狭まったことに気づき、旅行を通じて「いつまでも自分の足で歩ける健康な身体でいたい」と願う、母のような人達の役に立ちたい」と起業した。 現在、栃木県旅行業協会に県知事登録を申請中で、登録が完了するまでは、個人で主催している旅行好きコミュニティ「ミヤトラ旅くらぶ」のメンバーたちと一緒に、日帰りバスツアーを楽しんでおり、仲間を募集している。先月は、茨城県鉾田市でのフルーツ狩り等の日帰りバスツアーを企画、約20人が参加した。11月7日(月)は五色沼(福島県福島市湯温泉町)の散策日帰りバスツアーを予定しており、現在参加者を募集している。料金は全国旅行支援割引で5500円+3000円のクーポン付。
 海老沼社長は「北海道から沖縄までの宿泊や、鎌倉・浅草などの日帰りバスツアーなど、リクエストに応じてオーダーメイドの旅行をご提案します」と話す。
【真岡新聞読者限定】
 予約の際に「真岡新聞をみた」で11月7日の五色沼ツアーを半額で提供。※定員になり次第終了(問)080・8433・5438。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧