低所得の子育て世帯に特別給付金

18歳までの児童1人当たり5万円

社会

 真岡市は低所得の子育て世帯に対する生活支援策として、子育て世帯生活支援特別給付金を支給している。
 対象者は低所得のひとり親世帯及び住民税非課税の子育て世帯で、18歳未満の児童(障害児の場合20歳未満)1人当たり5万円。財源は全額国庫負担。
 低所得のひとり親世帯について、申請が不要となる児童扶養手当の受給世帯には5月11日、登録口座への振り込みを完了した。公的年金を受給しているひとり親世帯及び家計が急変したひとり親世帯には手続きが必要になるため、市役所3階の特別会場で受け付けている。6月から順次支給する予定。
 住民税非課税の子育て世帯については、現在国と調整を行っている。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧