学習に取り組む児童

2月まで 元教諭が小学生指導

「寺子屋はがまる」開催

文化

 芳賀町生涯学習センター祖母井分館は、8月から2月の土曜日午前中、芳賀町民会館で「寺子屋はがまる」を行っている。
 新型コロナウイルスのため4・5月に学校休校となった小学生の学力向上の手助けにと、芳賀町にゆかりの深い元小学校教諭5人がボランティアで、町内児童の勉強を見ている。
 講師は3人体制で児童16人が参加。教科は国語と算数で、復習を中心に、全12回を予定している。また、芳賀町ジュニアリーダースクラブの高校生が受け付けや見守りで講座を手伝っている。
 児童は、自分で決めた学習に講師と一緒に真剣に取り組んでいる。

今号の記事

カテゴリー一覧