令和4年春の叙勲 全国協会副会長など務める

旭日双光章(観光事業振興)
上三川町石田 國谷一男さん(75)

文化

 國谷さんは昭和41年4月に国谷観光㈱入社。同社は昭和6年に祖母が設立し、その後は父が継承。63年1月、國谷さんが3代目の代表取締役に就任した。
 平成15年4月から現在まで(一社)栃木県旅行業協会会長の要職にあり、その間、(一社)全国旅行業協会副会長を4年間、上三川町商工会副会長を9年間務めた。表彰歴では、栃木県商工会会長表彰、全国旅行業協会会長表彰、国土交通省関東運輸局長表彰、国土交通大臣表彰などを受賞している。
 受章については「協会役員をはじめ、公私にわたり支えていただいた皆様のご支援とご協力の賜物。お客様の長年にわたるご愛顧にも、心より感謝申し上げたい」と話す。
 常に「安全・安心で楽しい旅行の提供」を第一に考えてきたが、昨今のコロナ禍で業界は大打撃を受け、仕事量は7~8割ほど減少。未曽有の厳しい状況を経験したが、國谷さんは「現代のストレス社会において、気分転換には旅行が最適。家族との楽しい思い出もたくさん生まれる。一日も早くコロナが収束し、安心して旅行できる世の中に戻ってほしい」と願っている。
 好きな言葉は「どんなことにも感謝」。現在は妻と2人暮らしで、休日はテレビで野球やゴルフなどのスポーツ観戦を楽しむ。

今号の記事

カテゴリー一覧