記念撮影する(左から)見目町長、小金代表取締役、小金主任

「花いっぱい運動」の活動

全国建設業協会長表彰を受賞

芳賀町の小金建設
「花いっぱい運動」の社会貢献評価

社会

㈱小金建設(芳賀町祖母井、小金幹典代表取締役)はこのほど、積極的な社会貢献活動により公共の福祉増進に寄与したとして、(一社)全国建設業協会の奥村太加典会長から表彰状を授与された。
 同社は1997年、一級河川五行川の五行橋付近に花壇をつくり、「花いっぱい運動」と称して継続的な植栽や管理を実施。その功績が認められ、(一社)栃
木県建設業協会からの推薦を受け、このたびの表彰受賞に至った。
 8月19日には、小金代表取締役と工事部の小金将輝主任が芳賀町役場を訪れ、見目匡町長に受賞を報告。見目町長は「町内の企業が全国組織から表彰されたことは、町としても大変喜ばしい」と祝意を示した。
 小金代表取締役は「長年の活動が認められ、大変嬉しく思う。地域の方々、通行される方々の憩いの場となるよう、今後も継続していきたい」と話し、町への変わらぬ貢献を誓った。
 同社の「花いっぱい運動」は、2021年度道路愛護作業コンクール(主催・栃木県道路河川愛護連合会)でも、フラワー部門で特別賞を受賞している。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧