第51回納涼落語会 創立50周年記念落語会

真岡高校落語同好会OB会

催し物

 真岡高校落語同好会OB会主催(OB会終身副会長・最高執行責任者・小﨑治さん)の、第51回納涼落語会が9月11日(土)、真岡市市民会館小ホールで行われる。13時~、入場無料。
 OB会は1970年に発足直後、初の自主事業として「古典落語の夕べ」を企画した。第1回は当時の城山公園内の芳賀教育会館で開催され、翌年7月に「納涼落語会」と名称を変え2回目を開催。以来半世紀、昭和~令和と3つの時代をまたぎ、2019年まで中断する事なく、50年の歳月を刻んできた。しかし、昨年はコロナ禍で、史上初の「中断」に追い込まれた。
 今回は2年振りでOB会50周年記念企画となる。長年にわたり、アマチュア落語家として活動を続けている会員たちがオールスター出演し、得意の1席を披露する。また、新たに加わった若いメンバーも出演予定。OB会は存続するが、「納涼落語会」としての発表会は今回で最後になるという。
 小﨑さんは「半世紀に渡って真岡の地に笑いを届け続けた納涼落語会もついにグランドフィナーレを迎えます。万全のコロナ感染予防対策で皆様をお迎えしたい」と話す。
【出演予定者】目出田家弁楽、目出田家流楽、桜家小夢、夢見亭永楽、目出田家村楽、田舎家村朝、夢見亭喜楽、洒落亭風柳、多摩川華柳、夢見亭喜ん朝、欅家とん平、柳貴川起助、夢見亭一生楽

今号の記事

カテゴリー一覧