創部22年若手多数加入

コットンウェイ新体制

社会

 NPO法人コットンウェイ硬式野球倶楽部(野沢達理事長)は2024年度を迎え新体制、スローガンを発表した。
 スタッフは部長に石坂太、副部長に栗田楓、総監督に関口豪(新任)、監督に菊地大貴、助監督に柳隆(新任)、コーチに大西舞(元ホンダリヴェルタ監督、新任)、飯野徹也、マネージャーに小熊里菜、青木心、村上聖奈、主将に鍛治浦大貴(新任)、副主将に、髙橋諒(同)、渡部拓海(同)、トレーナーに稲垣慎太朗(同)が就任した。
 選手は、永岡海音(投手、山前中、茂木高)、水沼竜聖(投手、芳賀中、真岡工業高)、明才地陽太(投手、市貝中、文星芸大付属高)、阿部璃園(捕手、真岡西中、真岡工業高)、小関勇太(捕手、大沢中、第一学院高)笹原風翔(内野手、真岡中、文星芸大付属高)、山内貴広(内野手、芳賀中、真岡工業高、国際武道大)、佐治暁(外野手、上尾市立大谷中、埼玉栄東高、防衛大)の8人が新規加入した。
 菊地監督は、「選手が若くなり、経験を積むことでチームが良くなると思う。一人一人が持っているポテンシャルは高く、引き続き応援よろしくお願いします」と話した。
 また、スローガンを「Try again 再びあの場所へ」と決めた。
 (問)GM秋山090・2624・0226

今号の記事