システム上で情報を確認する参加者

台風想定し情報伝達訓練

栃建協芳賀支部と真岡土木

社会

一社)栃木県建設業協会(栃建協)芳賀支部(坂野弘支部長)は6月29日、県真岡土木事務所との共催で「令和4年度広域水防伝達訓練」を実施。支部員や職員らが本格的な台風シーズンの到来を前に、システムの適切な運用や迅速な初動対応を再確認した。
 今回の訓練では、隣接する支部(烏山)および土木事務所(宇都宮・烏山)との広域連携も、県内初の試みとして行われた。
 訓練終了後、小金幹典副支部長が成果を報告。福田昌弘所長は「訓練を通して明らかになった課題の解決に努め、防災・減災対策のさらなる強化につなげたい」と講評し、日頃からのコミュニケーションの重要性を強調した。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧