降り立った客に配布(茂木駅)

周年祝いクリアファイル配布

真岡線全線開通100周年

社会

 大正9年12月15日に真岡線の七井駅ー茂木駅間が開通して100周年を迎えたことにより真岡線全線開通も100周年となったことから、12月15、16の2日間、乗降客に記念のクリアファイルとボールペンが配布された。
 配布品は、真岡鐵道株式会社と真岡鐵道応援団が製作したもので、クリアファイルには下館駅から茂木駅まで全17駅名がローマ字で記され、ボールペンとともに真岡線全線開通100周年の文字入り。配布は、真岡鐵道応援団準備会メンバーの加藤治さん(64)、菊地正徳さん(75)が15日は下りの茂木駅で、16日は上りの市塙駅、多田羅駅で通勤、通学者に配布した。
 茂木駅利用の高校三年男子は、クリアファイルを手に「真岡線の便がもっと増えたらいいなと思う」と話していた。

今号の記事

カテゴリー一覧