喜びを分かち合えるように

茂木町の為に勝利を届ける
#10MF 森俊貴

スポーツ

 昨季より背番号10番を背負い、今季加入3年目となる森選手。現在の心境や6月18日の茂木町民デーにかける思いなどを聞いた。
―今年に入って挑戦している事
 今までと違うポジションが増えて、そこが一種の挑戦。攻撃や守備に関して課題はありますが、周りと連携を取る、守備意識の高さは増しました。
―チームの雰囲気はいかがですか
 シーズン当初よりも、自分達がやりたいサッカーがある程度出来ています。一方で結果が伴っていない中で、チームとしてやるべき事の芯の部分はぶれずに、選手全員同じ目標に向かって取り組めています。
―5月29日のアウェー仙台戦で久し振りの出場でした
 2か月近く離脱してしまったので、復帰後は怪我をする前の状態よりも『パワーアップして、チームを加速させられるように』という思いでリハビリしていました。また、サッカーを観る時間が増えたので、イメージトレーニングも出来ましたし、チームの試合も、ピッチに戻った際にプラスアルファで何が出来るかという事を考えながら観ていました。チームが苦しい状況が続いていたので、自分の中でも〝早く復帰したい〟という気持ちはありましたが、しっかり治してピッチに戻る事が最優先だったので、自分としっかり向き合ってトレーニングしました。
―今季も折り返し地点。後半戦にかける思いは
 一つでも上の順位に行く為には、勝ち点1、3を積めるように。また、複数得点はチームの課題でもあります。僕も得点やチャンスに絡む活躍をして、上位に上がれるようにしたいです。
―茂木町民デーや、茂木町への思い
 町全体で僕の後押しをして下さっているのが活力になっており、感謝の気持ちでいっぱいです。3回目の町民デーも茂木町の力を借りて、僕もピッチ上で貢献し、結果を残して勝利を皆さんに届けます。今年こそはゴールを決めます!
―ファン・サポーターへ
 皆さんの応援が僕達のエネルギーになります。皆さんと勝利の喜びを分かりあえるように、全力で戦っていますので、これまで通り熱いサポート宜しくお願い致します。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧