入賞者

益子町長賞の今野さんの作品

地場産業の関心高める陶芸展

益子町小中・高校陶芸展

文化

 益子町内の小中高生を対象にした第13回益子町小中学校・高校陶芸展(同町教育委員会主催)の表彰式が1月5日、町民センターで新型コロナ対策でソーシャルディスタンスなどの対策をして行われ、益子町長賞の益子中1年今野琉花さんら19人が受賞した。
 同展は、地域に根差した特色ある教育活動の一環で、児童生徒に地場産業の益子焼への関心を高め、郷土愛を深めてもらうことが目的。
 応募は107点で、審査は町長や教育長、議会議長、陶芸美術館長、益子焼協同組合理事長、小中学校長会長ら7人が行った。
 益子町長賞に選ばれた今野さんの作品「切り株」は、大樹の切り株に森の妖精が腰を掛けている、力強くメルヘンチックな作品。主催者あいさつで岡良一郎教育長は「新型コロナで夏休みが短い中よく頑張って応募してくれた。作品に込めた思いが伝わる力作揃い」と述べた。
 入賞者は次の通り。
益子町長賞=今野琉花(益子中1)▽益子町議会議長賞=藤原沙名(七井小3)▽益子町教育長賞=亀田彩音(やわらぎ児童館5)▽益子陶芸美術館長賞=堀内碧海(田野中3)▽益子焼協同組合理事長=天野千也(やわらぎ児童館4)▽益子町商工会長賞=池﨑舞音(益子芳星高3)▽益子町小中学校長会長賞=菅又光仁(やわらぎ児童館2)▽益子焼伝統工芸士賞=浜野迅翔(益子中2)▽優秀賞=吉田アヲ(田野小1)、松﨑楽(益子小2)、橋本詩詠(やわらぎ児童館2)、亀田泰智(同3)、横山世里南(益子小4)、加藤壮眞(七井小5)、磯真杜(やわらぎ児童館5)、塩澤晴可(同5)、上野光輝(田野中3)、荒川郁実(同1)、蒲谷正歩(益子芳星高3)。
 入選作品は、1月31日まで、益子陶芸美術館第3展示室に展示されている。無料開放。

今号の記事

カテゴリー一覧