多様な性考える人権ミニフェス

あす、真岡いちごホール

催し物

 LGBTなど性的少数者への理解を深め、多様な個性を尊重する社会を目指し令和5年度「真岡市男女共同参画人権ミニフェスティバル」=チラシ=が12月2日(土)午後1時半から、KOBELCO真岡いちごホール(真岡市民会館)大ホールで開かれる。
 トランスジェンダー当事者でもある専門家を招き、学校や家庭、社会で「性の多様性」について理解を深めようと開催する。同市が「多様な性」をテーマにした講演会を開くのは初めて。
 当日は3部構成で、第2部の基調講演は一般社団法人にじーず代表遠藤まめた氏を講師に招く。演題は「多様な性/LGBT 子どもを支えるために知っておきたいこと」。司会はG7栃木県・日光こども未来サミットで講師、ファシリテーターを担当した工藤敬子氏。
 第3部はパネルディスカッションで遠藤氏、工藤氏ら4人が登壇。「多様性を受け入れる社会~違いを認め合い一人ひとりを大切にする学校・家庭・社会づくり」をテーマに、それぞれの立場で問題を提起し課題を共有する。
 参加無料。当日会場へ。
 (問)市民協働推進室0285・83・8141。

今号の記事

カテゴリー一覧

暮らしの情報
イベント

記事一覧

習い事

記事一覧

美容・健康

記事一覧

趣味

温泉

記事一覧

ショッピング

食べる・買う・見る・着る

記事一覧