石のアート

小麦に石のアート?

子どもたちが協力

社会

 真岡市島のパン工房小麦の駐車場の隅に9月26日、石のアートがお目見えした。
 オーナーの古川洋子さんが同日夕方気付いた。パンを買いに来たお客さんが、待ち時間に順々に積んでいったものだろうと言う。バランスを保ちながら約50㎝ほど小石が乗っている。古川さんは「子どもたちが作ったのでしょうか?柔軟な発想と協力して出来上がったことに驚きと嬉しさを感じます」と話している。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧