除幕を行った石坂市長と両RC会員ら

市役所駐車場に石碑寄贈

真岡・真岡西両ロータリークラブ

社会

 真岡ロータリークラブ(齊藤敏彦会長)と真岡西ロータリークラブ(山口久一郎会長)は6月11日、工事が進められている真岡市役所駐車場に建立した石碑の除幕式を行った。
 駐車場は7月中旬供用開始予定で、駐車場整備を記念し贈ったもので、除幕式には来賓の石坂真一真岡市長と両ロータリークラブ会員ら約40人が出席した。
 石碑の大きさは縦120㎝、横270㎝。本体は真壁産「小目石」で耐震のために土台に直付けするのではなく若干浮かせ、凹形の石で固定した。本体の両側にイチゴの実をモチーフにした飾りが付けられ、真岡市らしさをアピールした。石碑に刻まれた「真岡市役所」の文字は石坂市長が揮ごうした。
 石坂市長は「立派な石碑をご寄贈頂き、有難い。良い記念になると思います」と感謝の言葉を述べた。
 駐車場は143台の駐車が可能で、うち5台分がおもいやり駐車場。庇のついたロータリーが設けられ、一般タクシーやいちごバスの乗り入れが可能となる。また、庁舎2階の青空ステーションに、駐車場側から入れるようになる。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧