師走の恒例「えびす様のすす払い」

大前恵比寿神社

文化

 大前恵比寿神社は12月16日、師走の恒例行事「えびす様のすす払い」を行った。
 1989年に建立されたえびす像は、高さ約13m、台座部分を含めると全高約20m。
 高所作業車に神官が乗り、長さ567㎝の笹竹を伸ばして、すすとコロナを取り除く願いを込めて掃い浄めた。加藤直人宮司は「来年はえびす顔で迎えてください」と話していた。
 金運招福・商売繁盛のご利益があるとされ、すす払い当日も多くの参拝者が訪れていた。
 1月10日は大前恵比寿神社(真岡市東郷)の初えびす祭を行う。神事は例年通り厳粛に行われる。新型コロナウイルス対策として、境内での飲食は禁止となるが、三密を避け、マスク着用の参拝を呼びかけている。

今号の記事

カテゴリー一覧