役所広司主演で
話題の「峠」登場

19日、真岡市芸術鑑賞会

催し物

真岡市芸術鑑賞会映画会は、6月に全国公開され大ヒットした映画「峠 最後のサムライ」=写真=を19日(土)(午後2時~、同6時半~)の2回、市民〝いちご〟ホール大ホールで上映する。
 幕末の風雲児と呼ばれ、正義を貫くために西軍5万に対し690人で戦いに挑んだ、越後長岡藩家老、河井継之助の生き様を描いた司馬遼太郎の長編時代小説「峠」を、「雨あがる」「蜩ノ記」の小泉堯史監督のメガホン、役所広司、松たか子、仲代達矢らの共演で映画化された。
 全席自由。各回定員540人。入場料は高校生以上1000円、中学生以下(4歳以上)500円、当日券あり。(問)市文化課0285・83・7732。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧