庭先にできたハチの巣

徳利のような巣にビックリ

益子町前沢の上田さんが庭先で発見

社会

 益子町前沢の上田昌史さん(52)は6月6日、勤めに行く前に除草をと、庭先の草を刈っていた際、ヤシオツツジの枝に徳利を逆さにしたような物体を見つけた。
 素焼きの陶器のような色合いで、12㎝余りの首の長い花瓶か徳利のよう。上田さんは写真を撮り、SNSにアップした。知人から、『スズメバチかも』とのコメントがあり、「トックリバチかと思ったけど、スズメバチなら大変」と、再度観察すると、通常より小さいスズメバチが一匹飛んできた。
 巣を作ったヤシオツツジは日頃、家族が誰でも近づける場所にあり、「こんなに人の気配がするところに営巣するものなのか」と不思議がり、「巣を作る周囲の植物の種類で巣の色も変わる」と自然界の不思議に感心しながらも「何のハチの巣か観察したいけど刺されたら大変」と思案顔。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧