交流を深めた参加者

思い出語り野球楽しむ

マスターズ交流戦

スポーツ

 NPO法人コットンウェイ硬式野球俱楽部主催の第6回マスターズ交流戦が11月3日、3年ぶりに益子北公園野球場で行われた。
 第一試合は、コットンウェイ、宇工OBクラブなど県内社会人4チーム合同チームと新関東リーグOBが対戦し、7イニングでプレーを楽しんだ。第二試合は、岩瀬日大高女子硬式野球部と福島レッドホープスレディースの合同チームと社会人連合チームが対戦し、世代間交流を図った。
 一昨年、茂木中3年時に、コットンウェイ硬式野球練習会に参加した岩瀬日大高1年の蓮田優姫さんは3番バッターとして出場し「とにかく楽しかった。大人たちの守備を見て勉強になった」と語った。
 柳隆コットンウェイ野球部コーチは「若い頃の思い出を語りながら野球を楽しんだ。今後女子野球の盛り上がりも期待する」と述べた。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧