愛称が決まった「ユウ」(左)と「ハナ」

愛称は「ユウ」と「ハナ」

井頭公園「花ちょう遊館」の新オニオオハシ

社会

 真岡市にある県営井頭公園内の「花ちょう遊館」のシンボル鳥「オニオオハシ」の愛称は、雄が「ユウ」、雌は「ハナ」に決定した。
 同館は、開館25周年記念事業として、「オニオオハシ」の番を新たな仲間として迎え、愛称を広く募集していた。応募は、全国35都道府県の3~88歳の幅広い年代から計460件あった。同一愛称が複数あったため、受賞は抽選で宇都宮市の細屋日菜乃さん(21)に決定した。
 愛称の決定理由は、花ちょう遊館の「遊(ユウ)」と「花(ハナ)」から名付けられ、愛らしく親しみやすいことなど。賞品として同館の年間パスポート券、クオカードの賞品が贈られた。
 館内には、2012年度から雄の「トロ」、雌の「ピカ」の番がおり、現在は、仲間入りした「ユウ」と「ハナ」の計4羽がトロピカルゾーンで仲良く過ごしている。
 開館状況など詳しくは同館ホームページで。

今号の記事

カテゴリー一覧