日頃の練習の成果を披露

SCスクール発表会

社会

 栃木SC公式チアーズが講師を務める、SCチアーズスクールの「第8回栃木SCチアーズスクール発表会2022」が3月21日、県総合文化センターで開催された。5校から320名が参加し、感染防止を講じて行われ、練習の成果を保護者に披露した。
 スクールディレクターのMAIさんは「コロナ禍でレッスンが出来なくなり、発表会も開催できるのか不安な日々が続きましたが、無事に開催する事ができ、子ども達の笑顔溢れるステージに感動しました。子ども達の成長をサポートしていけるよう、また発表会に向けて指導に力を入れたいと思います」と話し、代表の伊巻由美子さんは「昨年同様、コロナの影響で延期をし、観客を関係者に、構成も3部に変更しての開催となりました。保護者、関係者の皆様に多大な協力とご理解を頂き、『みんなで心を一つに』コロナに負けないという気持ちで無事に開催出来たのだと思います。終演後皆さんが笑顔で帰られる姿を見て、開催出来た事に感謝の気持ちでいっぱいになりました」と感謝を述べた。
 現在スクールは、宇都宮、雀宮、真岡、さくら、ミナテラススクールで、キッズからシスターの7クラスに分かれてレッスンが行われ、約350名が在籍。主に、栃木SCのホーム試合を中心として、同クラブ主催行事や地域イベント等でダンスパフォーマンスを披露している。
 同スクールでは随時無料体験、入会を受付中で、保護者のみで体験レッスンを見学する事も可能。
(問)sc.cheers2022@gmail.comまで。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧