写真集を手にする有馬さん

有馬さんが「尾瀬」の写真集発行

40年間の集大成

社会

 益子町益子の有馬雅美さん(64)は、日本写真企画から尾瀬の写真集「尾瀬夢幻―水が織りなす美しき世界」=A4カラー、100ページ=を発行し、4月18日から全国の書店で一斉発売された。定価3300円。
 有馬さんは、大学生の時に、初めて訪れた尾瀬の多彩で幻想的な自然に魅了され、毎年訪れるようになった。
 宇都宮大学卒業後、真岡市の公立学校教員・市教委の指導主事として勤務する傍ら、山岳や自然を中心とした撮影を行い、最近は、ドローンも活用して、多角的な尾瀬の美しさを記録し続けている。
NHK「わたしの尾瀬」フォトコンテストなど、多くのフォトコンテストで入賞を果たすほか、グループ展も開催している。
 40年に及ぶ撮影を通じて、温暖化による植生の変化や、シカの食害の深刻化等の尾瀬の変化に心を痛め、編集後記には「水、花、風景が調和した美しい光景を次の世代にも引き継いでいけるようこの写真集をご覧になった皆様が尾瀬に向かい、貴重な尾瀬の自然を見守る力となってくださることを願ってやまない」と結んでいる。
有馬さん☎090・3476・6104。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧