ゲネプロの様子

桐生麻耶さん

空良玲澄さん

桐生さん、空良さんが
   凱旋公演

華麗な演技で観客を魅了

文化

 OSK日本歌劇団で活躍している、真岡市出身の桐生麻耶さんと益子町出身の空良玲澄さんは11月5、6の両日、真岡市の市民いちごホールで上演した「OSK日本歌劇団創立100周年記念公演」に出演し、多くの観客を魅了した。
 両日2部制で行われた舞台のチケットは完売。桐生さんは2017年真岡公演以来の2回目で、空良さんの栃木公演は初となった。
 同公演について桐生さんは「予想以上の盛り上がりで、驚きと嬉しさでいっぱいでした。家族はもちろん、同級生や友達も来てくれて、元気な姿を見せる事が出来て、〝頑張ってきて良かった!〟と心から思い、そして舞台を通して原点を教えてもらいました。生まれ育ったこの町で再び公演出来た事は、今度の励みにもなり、より一層この仕事にかける思いが深まりました」と話し、空良さんは「地元でこのような素晴らしい公演が出来た事は、これからの自分にとってとても大きな経験になり、夢のような時間でした。そして、次は私が夢を与えられるような存在になりたいと思っています」と、地元公演を振り返った。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧