語りの収録

無観客で収録し10月から放送

茂木駅でふるさとの民話を楽しむ会

日々是好日

 茂木駅でふるさとの民話を楽しむ会(久保庭美代子会長・18人)による語りは、今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止により、開催を控えている。会では少しでも癒しを届けたいと、駅舎で無観客による収録を12月まで毎月行い、もてぎテレビで放送することになった。
 9月20日、駅舎ききょう館で第一回収録が行われ、事務局の永山富夫さんが司会を務めた。▽川田芳子=歳▽山口妙子=へび嫁▽平山敦子=しょっぱいぼたも餅▽久保庭美代子=三年峠、を語った。
 久保庭会長は、「皆緊張しましたが、テレビの向こうにいる人に届けることをイメージし、心を込めて語りました。多くの方に聞いて欲しい」と話した。放送は10月5日(月)19時~。

今号の記事

カテゴリー一覧