稽古で名曲「エーデルワイス」を歌うトラップ一家=1月19日、ゆずもホール

生の演奏で名曲再び

10日・美の里もてぎコンサート

文化

 茂木町教育委員会主催の生涯学習のつどい「美の里もてぎクラシックコンサート」が2月10日(土)午後1時半から、茂木町民センターゆずもホールで開催される。9回目を数える今回は昨年、2年ぶりに有観客で行われて好評だったミュージカルの「サウンドオブミュージック」を再び取り上げた。
 前回同様オーディションで選ばれた子どもたちや茂木合唱団などオール栃木の出演者が生の演奏で歌い、踊り、さらにプロジェクションマッピングで視覚的にも楽しめる名作のコンサートだ。
 町出身のもてぎふるさと応援大使でフルート奏者の栗田智水さんがプロデュースし、高校の同級生で元劇団四季の井波知子さんがマリア役と振り付けなどを担当。井波さんは宇都宮が拠点の「こどもミュージカルどりーみんぐ」を主宰。演出は本県ミュージカル発展に貢献したとして本年度県文化功労者に選ばれた稲見けい子さん。
 オーディションで選ばれた地元の小学生から高校生までの11人が、栗田さん、井波さんらの指導を受けながら昨年9月から月1回稽古を続けている。
 生演奏は宇都宮短期大音楽科講師の田村和久さんと学生によるアンサンブルが担当する。町生涯学習課職員らによる合唱団町在住者、出身者も多数出演し、サプライズゲストも登場する。休憩なしの1時間半のステージ。
 チケットは一般千円、高校生以下500円。
 (問)町公民館0285・63・1137。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧

暮らしの情報
イベント

記事一覧

習い事

記事一覧

美容・健康

記事一覧

趣味

温泉

記事一覧

ショッピング

食べる・買う・見る・着る

記事一覧