協定書を取り交わした見目町長と3郵便局長

芳賀町 町内郵便局と包括的連携で協定

住民の安全安心な暮らし目指し

社会

 芳賀町と芳賀町内郵便局は3月29日、町役場で、包括的連携に関する協定を調印した。
 両者は、平成29年3月に災害時の対応や情報提供などの協定を締結したが、今回は、町と郵便局が地域課題解決のため、より強力に連携していくことを目的に①安全・安心な暮らしの実現②地域経済活性化③未来を担う子どもの育成④地域の活性化・住民サービスの向上について、人的・物的資源を有効活用し、連携して取り組むとしている。
 調印式では、見目匡町長と日本郵便㈱の水橋郵便局水沼和也局長、芳賀郵便局中麿崇局長、宇都宮東郵便局清水茂局長が協定書に署名捺印した。
 見目町長は「地域包括の連携により、住民の安全安心につなげたい」と期待した。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧