茅の輪くぐり

6/24~ 益子のあじさいまつり

太平神社で稚児が献花、茅の輪くぐりも

文化

 益子町の太平神社(小幡正之宮司)の第37回あじさいまつりは、6月24日から開催され、初日午前10時から太平神社で献花祭、午後6時からは同社で大祓式、茅の輪くぐり神事が行われる。
 あじさいまつりは、昭和58年、鹿島神社(小幡正之宮司)氏子青年会により「あじさい会」が結成されて以来、太平神社神域周辺でアジサイの植栽を実施、整備を進め、アジサイ約5000本余が山一帯を彩る。7月25日までぼんぼり点灯。
 今年の献花祭で、アジサイの花を供える役目を果たすのは、春夏秋冬になぞらえ、就学前の薄根史佳さん、松田恵茉さん、黒須心葉さん、高秀澪央さんの4人。総代会長やあじさい会長らと、稚児装束で五穀豊穣や家内安全などを祈る。
 益子祇園祭は7月23~25日、神事が執り行われる。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧