会場の上ん台

6/13 益子参考館で音楽を味わう

チャリティーでリコーダーとヴァイオリンの演奏

催し物

 益子町の濱田庄司記念益子参考館(濱田友緒館長)の「上ん台」で6月13日(日)、チャリティーコンサート「リコーダーとヴァイオリンによる音楽のおしゃべり」が2回にわたり開催される。
 第1回は会場12時30分、開演13時、第2回開場14時30分、開演15時。
 出演は、「ラ ポレンタ」のリコーダー・手島ゆかりさん、ヴァイオリン・奥村琳さんのデュオ。手島さんは武蔵野音楽大学音楽学部音楽教育科卒で音楽教室の他、地元群馬で交流コンサートなどで活躍している。奥村さんは東京音楽大学器楽専攻ヴァイオリン科卒。東京、栃木を拠点にオーケストラや室内楽各地の演奏会、音楽教室で指導している。
 手島さんはこれまで3度、参考館で演奏しており、「古民家での演奏は、音楽の長い歴史に呼応し空間を優しく包み込んでくれる。これまでに感謝して演奏したい」と話す。
 料金は2500円で入館料別途800円。各回25席(通常の半分)。収益金は一部を除き参考館に寄付される。
 感染症防止により、マスク着用、手指消毒の徹底他、気分が優れない、体温37・5度以上の方は入場を遠慮してもらう。社会情勢により急な変更もある。
 チケット予約は参考館☎0285・72・5300(月曜休館)

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧