協定書に署名する篠原会頭(左)と小松所長

真岡商議所と雇用安定センター

企業の人材確保へ協定

社会

 真岡商工会議所(篠原宣之会頭)と産業雇用安定センター栃木事務所(小松桂子所長)はこのほど、企業における人材確保を目的とした連携協定を締結した。
 同センターは人材を送り出す企業と人材を受け入れる企業との間に立ち、情報提供、相談などの支援を行い、再就職や出向の成立に結び付ける「人材橋渡し」の役割を無料で行っている。
 締結は取引先事業所の人材ニーズへの情報提供支援を推進し、労働力需給の安定、持続的な企業の成長と地域経済の発展に資することを目的としている。
 同商議所で行われた締結式で篠原会頭と同事務所の小松所長が協定書に署名した。
 篠原会頭は「景気もやっと上向いてきたが、われわれ中小企業の一番の問題は人手不足。情報交換を行い、充足を図っていきたい」と連携協定への期待を込めた。
 これまでも相互に連携し、地域経済の発展に尽くしてきたという小松所長は「改めて協定を締結し明文化することで県民、市民に知ってもらい、さらに強力で効果的に引き続き行っていけるものと思っている。相互に知恵と情報を出し合い、地域に役立つ実りある連携に育てていきたい」と意気込みを語った。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧

暮らしの情報
イベント

記事一覧

習い事

記事一覧

美容・健康

記事一覧

趣味

温泉

記事一覧

ショッピング

食べる・買う・見る・着る

記事一覧