預託品を前に記念撮影

真岡市社協の「善意銀行」に寄付

ダイナムが食料品など54点

㈱ダイナム(本社・東京都荒川区、保坂明代表取締役)はこのほど、真岡市社会福祉協議会(磯野里子会長)が設置している「善意銀行」に食料品など54点を寄付した。同社による寄付は、昨年度に続き2回目となる。
 6月28日に行われた贈呈式には、同社から栃木真岡店の山口真ストアマネジャーと経営企画部の石山康弘氏が出席。レトルト食品やスナック菓子、缶詰、インスタントコーヒーなどを預託した。
 食料品は、市内の生活困窮者に配布される予定。磯野会長は「この温かい善意を、必要としている多くの方々に届けたい」と感謝の言葉を述べ、継続的な支援を願った。
 同社は「愛ロードとちぎ」をはじめとする美化活動の実施、真岡市との災害時協定の締結、児童養護施設「あかつき寮」への卓球台やお菓子の寄贈など、社会貢献活動を積極的に行っている。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧