旭日双光章(地方自治) 真岡市議を4期務める

真岡市上大沼 鶴見真さん(72)

文化

 鶴見さんは、真岡工業高校第1期卒業生で東海大学卒業後、建築設計事務所に勤めた後1975年、梓建築設計事務所を開設した。中村小、中村中、益子高でPTA会長を歴任、1988年、真岡JC代表で真岡市姉妹都市親善訪問団員の一員としてグレンドーラ市を訪問、1995年の市政40周年では、真岡商工会議所青年部部長としてビッグバンドフェスティバルを招致した。こうした経験から青少年の健全育成に尽力したいと1999年に真岡市議となり4期務め、2010年に議長を歴任した。
 1997年~2019年調停委員、2011年からは保護司を務めている。
 2013年から真岡市長田土地区画整理組合理事長となり、2019年、29年に及ぶ事業を終了した。
 受章を受け「いろいろな人に支えられてきた人生で、そのお陰で叙勲の栄に浴しました。座右の銘は江戸時代中期の儒学者、中根東里の『施して求めず、受けて忘れず』」と語っている。

今号の記事

カテゴリー一覧