久保田武議長

七海朱美副議長

真岡市議会議長に久保田武氏

副議長に七海朱美氏

社会

 真岡市議会は5月18日、臨時議会を開き正副議長の改選を行い、第67代議長に久保田武氏(50、もおか令和会、3期)、第68代副議長に七海朱美氏(60、もおか新時代、4期)を選出した。得票は20票中、久保田氏が18票、七海氏が19票。
 久保田武議長は平成29年議会運営委員会委員長、令和2年副議長歴任。本年度の県市議会議長会会長も兼務する。「初心を忘れることなく和の精神を念頭に、引き続きよりよい議会運営に努めたい」と話す。今年度より議会の活性化に向け、広報広聴委員会を設け、今まで以上に市民に寄り添い、発信力を強めていくという。「『人と人を繋ぐこと』も議員の役割の一つ。市民に信頼される、市民との絆を深めていける議会作りを目指したい」と就任の決意を語った。
 趣味はゴルフとお祭り、座右の銘は「感謝を忘れない」。
 七海朱美副議長は平成23年総務常任委員会委員長、25年議会運営委員会委員長、29年民生文教常任委員会委員長を歴任。
 「女性議員として15年邁進してきたが、まだまだ市民と議会の距離は縮まっていない。女性活躍社会の今、市議に4人の女性議員がいる。私たちも更にしっかりと取り組んでいかなければと改めて感じている」と話す。
 座右の銘は「万象具徳」。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧