左端が岡野古河ヤクルト専務、 右から2番目が磯野真岡市社会福祉協議会長

福祉ヤクルト益金を22市町に寄附

文化

古河ヤクルト販売株式会社(茨城県古河市)は11月1日、真岡市社会福祉協議会(真岡市荒町)に108、000円を寄付した。
 9月19日~9月30日の福祉ヤクルト活動期間の乳製品売上の1%相当金額を近隣の22市町の社会福祉協議会へ寄付するもので、合計金額は1、306、000円。
 芳賀郡市内では益子町へ26、000円、茂木町24、000円、芳賀町20、000円、市貝町18、000円を寄付した。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧